撤退の農村計画 > 人口推計Excelツール
  • 人口推計Excelツール

    はじめにお読みください

    「人口推計Excelツール」とは

    「人口推計Excelツール」とは,以下に示す基本スタンスを踏まえた分析ツールです。皆さんの手で,「数値で見る将来の農村」での分析結果のような,数値にもとづく分析や将来予測をおこなう際に,活用してください。ただし,小地域(中小規模の集落など)に対しては,計算できないことが多く,また計算できたとしても誤差が非常に大きくなります。ご注意ください。

    1. 数値にもとづく農村の将来予測を実行する手助けとなる
    2. WindowsOSExcelがインストールされている環境であれば利用できる
    3. 簡単な操作で利用できる

    ※Windows および Excel は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。


    使用上の注意

    以下に示す注意事項をよく読み,同意できる場合にのみ,分析ツールを利用してください。

    1. ここで配布される分析ツールおよび付属するファイル類の著作権は,齋藤晋・林直樹が保有します。無許可の転載・販売・再配布は禁止させていただきます。
    2. ここで配布される分析ツールの利用に際して発生するいかなる損害(例えば重要なファイルが消えてしまった,など)に対しても,作者は責任を負わないものとします。
    3. ここで配布される分析ツールに不具合があった場合や,修正の要望などがある場合でも,作者はプログラム修正の義務を負わないものとします。


    準備から実行まで

    何を準備すればよいのか

    以下のデータを準備し、「人口推計Excelツール」を用いることで、以下のような分析が実行できます。分析における仮定の立て方や計算方法は、「数値で見る将来の農村」と同様です。詳しくはそちらでご確認ください。

    1. 都道府県単位や市町村単位などの,2時点以上の,男女・年齢(5歳刻み)別人口の統計を準備すれば,コーホート変化率法よる人口推計方法を用いて,目的の年次までの5年ごとの推計人口を算出できます。
    2. 都道府県単位や市町村単位などの,2時点以上の,男女・年齢(15〜19歳から始まる,5歳刻み)別農業従事者数の統計を準備すれば,コーホート変化率法よる人口推計方法を参考にした方式(※)で,目的の年次までの5年ごとの推計農業従事者数を算出できます。

      ※「15〜19歳」の推計人口を計算する際に、婦人子ども比を参考に「現世代次世代比(=40〜49歳女性人口と15〜19歳人口の比)」を、子ども性比を参考に「次世代性比(=15〜19歳人口の男女比)」を利用しています。


    ダウンロード方法

    「人口推計Excelツール」は,以下のような手順でダウンロードできます。

    1. 以下のリンクをクリックしてください。
      「人口推計Excelツール」のダウンロード
    2. 以下のような画面が表示されますので,「開く」ボタンをクリックしてください。
      ダウンロード画面その1
    3. ダウンロードしたファイルを保存する場所を指定するために,以下のような画面が表示されますので,「ProgramFiles」や「マイドキュメント」など,任意のフォルダを選択してください。
      ダウンロード画面その2
    4. このとき,ダウンロードされるファイルは圧縮ファイルです(zip形式)。適当な圧縮・解凍用アプリケーションを用いて,適宜,ファイルの解凍を行ってください。

    インストール方法

    「人口推計Excelツール」のインストール方法は,以下の通りです。

    1. Excelを起動しておきます。
    2. メニューバーの「ツール」−「アドイン」の順にクリックします(下図参照)。
      インストール画面その1
    3. 下図のような画面が表示されるので,「参照」ボタンをクリックします。
      インストール画面その2
    4. ダウンロード・解凍をした時に保存した場所を参考に,「EstTool01v201」フォルダの中の 「予測ツール01v201.xla」ファイルを探し出し,「OK」ボタンをクリックします(下図参照)。
      インストール画面その3
    5. 「アドインライブラリにコピーしますか」というような質問画面が表示されることがありますが,そのときには「いいえ」ボタンをクリックしてください。
    6. 下図のように,「アドイン」のリストの中に,「予測ツール01v201」が追加されていることを確認して,「OK」ボタンをクリックします。
      インストール画面その4
    7. 「人口推計Excelツール」を起動するためのメニュー「予測ツール」が新しく追加されます(下図参照)。
      インストール画面その5
    8. インストール後に「予測ツール01v201.xla」ファイルの保存場所を変更すると、Excelを起動した際に「アドインが見つかりません」などと表示され、ツールが機能しなくなります。ご注意ください。

    アンインストール方法

    「人口推計Excelツール」のアンインストール方法は,以下の通りです。

    1. Excelを起動しておきます。
    2. メニューバーの「ツール」―「アドイン」の順にクリックします。
    3. 下図のように,「アドイン」のリストの中から「予測ツール01v201」を探し出して,チェックマークをはずし,「OK」ボタンをクリックします。
      アンインストール画面その1
    4. Excelをいったん終了させます。
    5. ダウンロード・解凍した時に保存した場所を参考に,「予測ツール01v201.xla」ファイルの入った「EstTool01v201」フォルダを,フォルダごと消去します。
    6. 次にExcelを起動したときや,次に「アドイン」画面を表示させたときに,何らかの注意・質問画面が出ることがありますが,特に問題はありません。

    ツールの操作手順

    「人口推計Excelツール」の操作手順は以下の通りです。「将来の総人口予測」機能を例に記します。「将来の農業従事者数予測」機能の利用手順も同様です。

    1. 都道府県単位や市町村単位などの,2時点以上の,男女・年齢(5歳刻み)別人口の統計を準備し,下図のようなルールに則って,Excelのシートに入力します。入力したのち、データの範囲を選択します(下図参照)。ただし、年齢不詳以外のデータで「0人」のデータがあると推計が実行できません。ご注意ください。

      ※下図をクリックすると拡大表示されます。

      マニュアル画面その1
       
    2. 「予測ツール」−「将来の総人口予測」の順にクリックします(下図参照)。
      マニュアル画面その3
       
    3. 下図のような「オプション設定」画面が表示されます。準備したデータの性質や,分析の仮説などをもとに、「婦人子ども比」などの各種設定を決定し,「OK」ボタンをクリックしてください。

      ※「いつまで推計をおこなうか」で設定する数値が、遠い将来になるほど推計の精度は下がります。だいたい30年以上先を推計する場合には、あくまで目安の値とお考えください。

      マニュアル画面その4
       
    4. 将来の推計人口の一覧が,1つの年次につき,1つのシートに表示されます。なお,正しくデータが準備されていない場合や,正しく選択されていない場合には推計および結果表示はおこなわれません。
       

    バージョン履歴

    2013.10.25:ver2.02:人口の統計における「時点」が5の倍数以外の時に分析できなくなる問題を解決。例えば、時点が「2005」「2010」などでないと分析できなかったが、「2008」「2013」などでも分析可能になった。なお、時点の間隔は5の倍数でなければならないことに変わりはない。





パスワードを忘れた方や、
ご記憶のパスワードでログインできない方は、 共同研究会情報管理担当の 齋藤までご連絡ください。
メールは です。

書籍『撤退の農村計画』の 意見交換のページをご覧になりたい方は、 このページの右側にある「書籍について(書籍の著者と読者のみ)」を クリックしてください。