10代のハゲを改善するために今すぐやっておくべき3つのことを詳しく書く

「まだ10代なのにハゲてきた…」

周りは薄毛で悩んでいる人なんかいないのに、どうして自分だけ。。と不安になりますよね。

僕は20代前半で生え際がM字に後退し始めてきたので、その気持ちよくわかります。

特に10代や20代で禿げると、周りと比べてたまらない気持ちになるので、精神的にもきついんですよね。

でも、10代のハゲはまだ初期であることがほとんどなので、早めに対策すれば薄毛を解消して自信を取り戻すことも難しくありません。

実際僕は、効果的な対策に取り組み始めてたった3か月程度で生え際ハゲがわからないレベルになりました。

もちろん僕だけではなく、他の人も効果を実感している方法なので安心して取り組めるかと思います。

今回は、10代ハゲを改善するために何をすればいいのか?詳しく解説しました。

男のハゲは何もしないで放っておけばどんどん酷くなるので、気になり始めた今日から効果的な対策を始めていきましょう。

MEMO
僕がたった3か月程度でハゲを解消したのは、効果が実証された育毛剤を使ったからです。

詳しくは次の記事で紹介しています。

参考:若ハゲに効く育毛剤

10代でハゲてしまう原因とは

10代でハゲてしまうのには、4つの原因があります。

1、AGA
2、頭皮環境の悪化
3、生活習慣やストレス
4、その他

どれか一つが原因でハゲてしまう人もいれば、複数の原因が重なってハゲてしまう人もいます。

一つずつ解説するので、あなたに当てはまるものはどれか?確認しながら読んでみてください。

AGA(男性型脱毛症)

AGAとは男性ホルモンが原因でハゲてしまうことです。

男のハゲの大半はAGAだと考えられています。
もちろん10代でもAGAは発症してしまうので、10代のハゲもAGAである可能性は高いです。

AGAになってしまうメカニズムを簡単に説明すると、、、

体の中にある男性ホルモン(テストステロン)と、5αリダクターゼ(還元酵素)がくっ付いて、強力な男性ホルモンDHTが作られます。

ドラゴンボールで例えると、
男性ホルモン(テストステロン)が通常時のサイヤ人。
強力な男性ホルモンDHTがスーパーサイヤ人という感じ。

強力な男性ホルモンDHTになってしまうと、毛を抜けさせる原因となるハゲホルモンをつくるようになります。

ハゲホルモンの影響によって、本来なら成長するはずの毛が次々に抜け落ちてしまいます。

その結果、10代でハゲてしまうというわけです。

強力な男性ホルモンになる理由は、「遺伝、生活習慣の乱れ、ストレス」など様々なことが考えられています。

そのほとんどが遺伝だと考えられているので、もし父親や祖父が薄毛の場合はAGAだと考えられます。

参考:ハゲは遺伝で決まる

頭皮環境の悪化

頭皮に合っていないシャンプーを使い続けている
エアコンの効いた乾燥する部屋で長時間過ごしている
間違ったシャンプーの仕方で頭皮を気づ付けてしまっている
ドライヤーで髪を乾かさずに寝ている

このような間違った頭皮ケアが原因で、頭皮環境が悪化して禿げることも珍しくはありません。

頭皮に合っていないシャンプーなどを使い続けると、頭皮は乾燥してしまいます。

頭皮が乾燥すると必要な栄養が行き渡らなくなるので、毛は細くなり、10代でもハゲてしまうというわけです。

中には、乾燥を守るために皮脂が過剰に分泌されて、頭皮がベタベタになっている人もいます。

この場合も、原因はシャンプーやエアコン、間違った頭皮ケアによる乾燥です。

生活習慣やストレス

食生活が乱れたり、睡眠が不足したり、過度なストレスが溜まるのもハゲの原因だと考えられています。

生活習慣やストレスによって体が負担を感じると、AGAの原因となるハゲホルモンが発生することが分かっています。

円形脱毛症などの病気

10代ハゲのほとんどは、
生え際が後退する、つむじ周りが薄くなる、というAGAによる脱毛パターンがほとんどです。

ですが、円形脱毛症などのその他の病気によってハゲてしまうこともあります。

その場合は、自宅で治療することはできないので、皮膚科を受診して適切な治療を勧めましょう。

以上が、10代でハゲてしまう主な原因です。

先にも書いた通り、10代でハゲてしまう原因の大半はハゲホルモンによる影響だと考えておいて間違いありません。

特に、生え際やつむじが薄くなっている場合は、ハゲホルモンによる脱毛です。

10代のハゲを改善するにはハゲホルモンをブロックする

ここで大事なことは、ハゲホルモンが作られて薄毛になるということ。

つまり、10代のハゲを改善するためには、ハゲホルモンをブロックしないといけません。

ハゲホルモンをブロックするためには、「薬」を使うか「育毛剤」を遣いしか方法はないです。

残念ながらシャンプーや食事では、薄毛に効く効果はないわけです。

ただし、10代は薄毛治療のための薬を飲むことはできません。
病院に行っても薬の処方はしてもらえないのです。

つまり、10代の若ハゲを改善するためには、育毛剤を使って対策をするしかないということ。

10代のハゲを改善するための3ステップ

ここからは具体的に、10代のハゲを改善するために取り組んでおくべきことをまとめておきます。

ステップ1:効果的な育毛剤を使う

10代のハゲ対策には育毛剤を使わないといけないわけですが、何を選んでも良いわけではありません。

当然、評価がイマイチなモノもあれば評価が高くてリピート率の高いものもあります。

10代のハゲ対策として育毛剤を選ぶ場合、次のポイントをクリアしたものを選んでおくことが大切です。

  • 低刺激で肌トラブルの心配が少ないもの
  • 脱毛予防効果が認められているもの
  • 発毛促進効果が認められているもの

10代は肌が敏感な人も多いため、育毛剤を選ぶ場合は無添加で刺激が少ないものを選んでおくべきです。

刺激が強い成分がたくさん入っていれば、痒みや赤みの原因になるので避けておきましょう。

また、脱毛予防効果が認められているかどうかも重要です。

ハゲホルモンに働きかけ、これ以上ハゲが酷くならないようにすることが大切です。

最後に、発毛促進効果が認められいるかどうかも重要です。

抜け毛の予防を行いながら、細くなった毛を太く育毛することができれば、ハゲを改善することができます。

上記3つのポイントをクリアした育毛剤を使えば、10代のハゲを対策できます。

ハゲが改善されれば、薄くなった髪を見て不安になることはなくなります。
周りからハゲを指摘されないかと、ビクビクする必要もなくなります。

実際に僕が若ハゲを改善するために使った育毛剤を「若ハゲに効く育毛剤」で解説しています。

実際に10本以上使った中から実感できたものだけを厳選して紹介しているので参考になるかと思いますよ。

参考:若ハゲに効く育毛剤を30歳でハゲを改善した男が解説する

ステップ2:食事と睡眠を見直す

毎日育毛剤を使いつつ、食事と睡眠もしっかりと意識することが大切です。

まず、食事についてですが、髪の毛は食べたものから作られます。
髪に良い栄養素が不足していれば、当然髪の毛は細くなるので地肌が透けてハゲのようになります。

育毛剤をしっかりと使っているのに効果がない場合、栄養素が足りていない恐れもあります。

僕の場合、育毛剤と一緒にサプリメントを飲むようにしていました。

サプリメントならいつもの食事はそのままでも手軽に栄養を摂ることができます。

いきなり食事を3食見直すのは難しくても、サプリなら水と一緒にゴクッと飲めばいいだけなので簡単ですよね。

次に、睡眠も髪の毛にとってはとても大事です。

寝ている間に成長ホルモンが分泌されて、髪の毛は太くなっていきます。
逆に言えば、睡眠不足になっていると育毛剤を使ったり食事を気にしても、太くなるホルモンが出ないということ。

それではせっかくの頑張りも無意味になってしまいます。

基本的に6時間以上寝るようにしていました。

ステップ3:3か月程度は継続する

育毛剤と食事、睡眠の見直しを3か月程度は続けるようにしましょう。

育毛剤を使ったからと言って、次の日に毛がフサフサになるわけではありません。
そんな魔法のような商品があれば、今頃ハゲで悩む人はいないでしょう。

育毛剤も食事も睡眠もすぐに実感することはできません。
でも、毎日毎日続けていくことで徐々に実感できるようになってきます。

僕の場合、1か月目ごろから抜け毛は落ち着いてきて、3か月目ごろには明らかに生え際の産毛が濃くなったのを覚えています。

育毛は1日でも早く始めて継続することが大事なので、しっかりと毎日続けるよう意識しておきましょう。

 

以上が、10代のハゲを改善するために取り組んでおくと良いことです。

基本的な生活習慣の見直しを行ったうえで育毛剤を使えば、頭皮環境も整って実感しやすいですよ。

特に10代なら、まだ完全に禿げているわけではないと思うので、早めのケアが効果的です

10代ハゲを改善するためのよくある質問

シャンプーは何を使えばいいですか?

シャンプーに育毛効果や薄毛に効く成分が入っていないので、何を選んでも良いです。

シャンプーにお金をかけるなら、育毛剤を使った方が良いですよ。
育毛剤には、発毛促進や薄毛に効く成分が含まれているので。

栄養バランスの良い食事とはどんなもの?

ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類などをバランスよく摂れる食事ですね。

ビタミン類なら緑黄色野菜(ほうれん草、ブロッコリーなど)
ミネラル類なら海藻類
アミノ酸なら魚や肉、卵など。

他にも良いといわれている「ノコギリヤシ」「イソフラボン」などもあります。

こういうのを普段の食事でとれるなら摂るのがベストです。

僕のように難しい場合は、サプリを飲めば簡単に補えます。
特にノコギリヤシなんかは、普段の食事では食べられないですからねー。

頭皮マッサージはした方が良い?

しないよりはした方が良いですが、それだけで薄毛が治るわけではないです。

頭皮マッサージはあくまでも一時的に血流をよくしているだけ。
血流が良くなっただけでハゲが治るわけではないので。

僕の場合、育毛剤を使った直後に頭皮マッサージをするようにしています。

そうすることで育毛成分が染み渡るのと同時に血流が良くなる気がしています。

・関連記事
若ハゲに効く育毛剤
若ハゲ改善方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です