若ハゲの原因を詳しく解説

「まだ20代なのに、どうして俺がハゲるの?」

若ハゲを自覚し始めた当初、僕は20代なのにハゲてしまう原因を徹底的に調べました。

若ハゲの原因」「ハゲの原因」ってネットで調べるといろいろ出てきますよね。

・睡眠時間が短いから
・血流が悪いから
・ストレスが多いから
などなど。

若ハゲを改善した今だから言えますが、若ハゲの原因はハゲホルモンの影響です。

食事とか睡眠時間とか、血行不良、ストレスとかはほとんど関係ないです。
もちろんゼロではないと思いますが。

僕は20代で生え際が後退し始めて若ハゲになりましたが、しっかりと対策したことで今では復活しています。
太くて濃い毛が生え際にビッシリと生えそろっていますよ。

若ハゲを改善するためには、まずは原因をしっかりと理解することが大切です。

原因がわからないままでは、広告に載せられて不要なものまで買ってしまいますからね(僕がそうでした…)。

この記事では、若ハゲの真の原因をできるだけわかりやすくまとめました。

この記事を最後まで読めば「なぜ禿げるのか?」納得できると思います。
原因が理解できれば、自動的に改善方法がわかるので、最短距離で若ハゲ改善に挑めますよ。

若ハゲの原因はハゲホルモンの影響

はじめに結論を書いてしまうと、
10代や20代、30代の若ハゲの原因はハゲホルモンの影響です。

ハゲホルモンとは、男性ホルモン(テストステロン)と、血中の酵素(5αリダクターゼ)が結合して作られる強力な男性ホルモンのこと。

DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれていて、コイツが作られるとハゲの原因になるのでハゲホルモンとも呼ばれています。

ハゲホルモンが体内で作られると、生え際やつむじに存在している器(アンドロゲンレセプター)とくっ付きます。

その結果、毛根に「毛を抜けさせろ!ハゲさせろ!」という最悪の命令を出してしまいます。

最悪の命令の影響で、毛の成長はストップしてしまうため、短い毛や細い毛が増えて、髪の密度が少なくなります。

その後、細くなった毛も抜け落ちてしまい、ツルツルハゲになってしまうというわけです。

これが若ハゲの真の原因です。

ストレスや睡眠不足、血行不良などは、ハゲホルモンの影響に比べれば微々たるもの。

男のハゲの8割9割はハゲホルモンが原因だと専門家は言います。
特に、生え際やつむじが薄くなっている場合は、ハゲホルモンの影響でハゲていると考えられています。

その他の若ハゲの原因

ハゲホルモン以外の若ハゲの原因としては、頭皮環境の悪化があります。

刺激の強すぎるシャンプーを毎日使うことで、頭皮がカラカラに乾燥してしまう。

頭皮が乾燥すると血行が悪くなってしまうため、毛の成長に必要な栄養が毛根に行き渡りにくくなってしまいます。

その結果、毛は細くなり、健康的だった毛がパラパラと抜け落ちてしまい、薄くなってしまうわけです。

人によっては、酷い乾燥が原因で皮脂の過剰分泌になってしまい、頭皮が皮脂でべたつくこともあります。

頭皮が乾燥していると体が反応して皮脂を多く出します、この皮脂を洗い流そうとシャンプーを必死にするので、さらに皮脂が過剰分泌される…

この負のスパイラルに陥ってしまって、頭皮は乾燥しているけど表面は皮脂でべたつく「インナードライ頭皮」になって、毛が薄くなることもあります。

頭皮環境の悪化は、シャンプーが頭皮に合っていないことや、エアコンを長時間付けているなどの外部環境、皮脂が分泌しやすい食生活などによって引き起こされてしまいます。

もう一つの若ハゲの原因は、円形脱毛症などの病気によるものです。

この場合、自宅で自然治癒することはないので、必ず病院を受診するようにしましょう。

皮膚科を受診すれば、適切な治療を受けられます。

基本的には、「ハゲホルモンの影響」で若ハゲになってしまうことがほとんどです。

つまり、10代や20代で若ハゲが気になり始めているなら、若ハゲの原因となるハゲホルモンを何とかすることに専念することが改善のための近道です。

では、なぜハゲホルモンが発生してしまうのか?

ハゲホルモンが発生しない人とする人の違いについて解説します。

ハゲホルモンが発生する理由は遺伝

ハゲホルモンが発生するかどうかは、遺伝的な要因が大きいと言われています。

よく「親がハゲていたら禿げる」といわれますが、これはあながち間違いではないのです。

ハゲホルモンが発生しやすい体質というのを遺伝してしまうため、親や祖父が薄毛の場合は禿げやすいと言われています。

とはいえ、親がハゲていると必ず禿げるわけではないです。

あくまでも遺伝するのは、禿げやすい”体質”であり、ハゲ自体が遺伝するわけではないからです。

親や祖父がハゲていても、しっかりと対策すればハゲにならない人もいます。

逆に、何もしないで親子で同じようにハゲてしまう人もたくさんいます。

参考:ハゲは遺伝で8割決まる!?母方の祖父が薄毛だと禿げやすい理由

ちなみに、禿げやすい体質は母方から遺伝すると考えられています。

遺伝にはX染色体とY染色体が関係してきますが、薄毛体質になる遺伝子はX染色体上にあるため、母方に薄毛の人がいると遺伝しやすいと言われています。

母方の祖父が薄毛の場合、薄毛の体質を遺伝しやすいというわけです。

また、薄毛体質は優先遺伝するため、父親や母親のどちらか一方でもその遺伝子を持っていれば、子供に遺伝されることになります。

とはいえ、遺伝だからと諦める必要はありません。

育毛剤などの対策に取り組むことで、改善した方はたくさんいます。

大事なことは、若ハゲの原因をしっかりと理解したうえで、適切な対策に1日でも早く取り組むということです。

ストレスや生活習慣の乱れでもハゲホルモンは生まれる

ハゲの原因は遺伝がほとんどですが、生活習慣の乱れやストレスが原因でハゲホルモンが作られることもあります。

親や祖父がハゲていないのに自分だけ禿げてきた…

という場合は、生活習慣やストレスが原因で起こっている可能性は十分ありますよ。

ただ、先にも書いた通りほとんどが遺伝。
DNAに刻まれているものだというわけですよ。

若ハゲの進行パターンは決まっている

ハゲホルモンの影響で若ハゲは進行するわけですが、どのような状態になるのか?というパターンは解明されています。


引用元:https://hageryman.jp/aga-of-pattern/

イラストのように、初めは生え際・つむじがうっすらと薄くなっていきます。これがハゲ初期ですね。

放っておくと、徐々に薄毛の範囲が広がっていきます。

生え際の場合は、おでこが広くなるタイプ、M字ハゲが剃りこむタイプがあります。
つむじはつむじがどんどん広がっていきます。

それも放っておくと、最終的にはおでことつむじがくっ付くようになり、全体がツルツルになってしまいます。

ハゲホルモンの影響で毛根が死滅してしまうため、二度と毛が生えてくることはありません。

男のハゲはハゲホルモンの影響で引き起こされるため、発症してしまえば酷くなる一方です。

若ハゲの原因を食い止めるためにすべきこと

完全にハゲてしまう前に、効果的な対策方法に取り組まないと止められないというわけなんですね。

とはいえ、最近では育毛分野の研究も進んでいるため、若ハゲを改善することは可能になってきています。

僕も20代半ばで生え際が後退して友達に指摘されるレベルでしたが、今ではハゲが気にならないレベルにまで復活しています。

もちろん僕以外にも、多くの人が若ハゲを改善して、ハゲのことで悩まない生活を取り戻していますよ。

若ハゲの原因を理解できたと思うので、次は効果的な改善方法を把握して実践しましょう。

1日対策が遅くなればそれだけ、毛根が死滅する日に近づいているということ。

放っておかずに早めに対策しておきましょう。

参考:若ハゲの改善方法を30歳で復活した男が全部書く!

まとめ

若ハゲになってしまうメカニズムをもう一度まとめておきます。

  1. ハゲホルモンが体の中で作られる(遺伝が原因)
  2. ハゲホルモンが毛根に命令を出して毛が細くなる
  3. 細くなった毛が抜け落ちる
  4. 最終的には毛根が死滅して二度と毛が生えなくなる

これが若ハゲのメカニズムです。

大事なことは、ハゲホルモンにしっかりと対処すること。
そのための方法について、次の記事で詳しく解説しています。

若ハゲを放っておいて勝手に治ることはないので、ハゲが少しでも気になっているなら1日でも早く対策を始めていきましょう。

参考:若ハゲの改善方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です